yuca's diary+report
<< Gift season | TOP | ちょっと一息 >>
東京豆皿市&箸置き市

 

前回に続きまして手紙社さんのイベントに出展いたします。

(わたしは会場にはおりません。)

制作の毎日でなかなか遠出ができないので、器たちがいろんなところに旅立っていくのは嬉しいことです。

12月には関西会場と続きますので、お近くの方ぜひお出かけください。

-----------------------

第12回東京蚤の市概要 
日程:2017年11月4日(土)、5日(日)
時間:9:00〜17:00
開催場所:東京オーヴァル京王閣 東京都調布市多摩川4-31-1(京王線「京王多摩川駅」臨時k改札口目の前)
入場料:500円(小学生までは無料)
主催:手紙社 後援:調布市
お問い合わせ先:手紙社 042-444-5367   http://tegamisha.com/ 

《ステージスケジュール》 
11.4 sat 
12:00〜栗コーダーカルテット
12:50〜ビューティフルハミングバード
14:30〜Drakskip Trio
16:00〜ザ・なつやすみバンド
11.5 sun
11:30〜JungRavie
13:30〜中村まり
14:30〜カジヒデキ
16:00〜コトリンゴ

 

★NEXT→第4回関西蚤の市概要 
日程:2017年12月2日(土)、3日(日)
時間:9:00〜16:00
開催場所:JRA阪神競馬場 兵庫県宝塚市駒の町1-1(阪急今津線「仁川駅」徒歩5分)
入場料:200円(競馬場の入場料となります)
主催:手紙社・JRA阪神競馬場

 

くわしくは特設ページclick!→こちら

 

 

 

 

 

今回の新作でメインとなる線刻絵付けの豆皿です。

¥2,500- (+tax)

 

微妙な色で4色あります。

モチーフは動物、植物、果物、童話など気の向くままにいろいろ。

すべて1点ものになります。

全部で100点とたくさんあるので、現在instagramの方で少しずつ絵柄を紹介しています。

ID:poetoria よかったら覗いてください!

 

黒色の絵付け部分は線刻した凹に別の色土を埋め込む象嵌(ぞうがん)という技法を使っています。

私の紙に描くイラストは細い線のものが多いので、器に再現できるようになって嬉しいです。

これまでマーカーやペンシル状の陶芸用絵の具や掻き落としなど色々試しましたが

ようやくしっくりくる技法にたどり着いた感じ。

 

 

外側にも模様付きです。(丸か点)

 

 

そして最大のポイントだと思っているのですが、おちょことしてもお使いいただけます!

先日の個展の際にお客様からいただいたアイデアなのです。

装飾性が高いので豆皿としては少し値段が張るのですが...おちょこならばお安いのではないでしょうか。

口に濃茶の縁取りをしているので滲みや垂れの景色も楽しむことができます。

 

 

 

すっかり定番となった、うさぎの箸置きも同じ釉薬で4色が新登場。

白うさぎに加えて全5色なりました。

シークレットとしてウインク、前歯、まゆげの変顔?も少し混ぜてみました。

 

¥1,000- (+tax)

 

一人暮らしなどで器はメインの数枚があれば事足りるから、小さい器はいらないな〜という方も多いと思います。

でもちょっと添えるだけでいつもの食卓が少し贅沢に感じられる豆皿は、とても便利なアイテムなんですよ。

↑の写真もご飯とお汁でほぼ全てなのにおまけの3枚で定食気分になるでしょ。

 

1枚ずついろんなテイストのものを収集できるという気軽さもあります。

器を使うという日常を楽しんでいただきたいです。

 

posted by yuca | 10:06 | 陶芸 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
Search this site