yuca's diary+report
<< octagonal | TOP | イベント出展のおしらせ& >>
where I used to be.
昔住んでいた町を20年ぶりに訪れました。

広島県可部


廃線





ポピーとネギ坊主と猫

通学路
ミニ薔薇の株、まだ咲いてて驚き。
風景は少し変わってたけど、足は道を覚えていました。

小学校(盗撮のため、ブレブレや)

なんだか箱庭のような小さい小さい町。
懐かしくてちょっと泣きました。

そして可部で幼なじみのakanがやっているお店 andante(←click!)へ。
akanセレクトの作家ものを中心にしたラブリー雑貨がたくさん並んでます。
広島旅行の際にはぜひ足を運んでくださいね。
可部は観光地ではないけど、近くにはガラスの里とかあります。

部屋に遊びにきた気分でくつろぎまくって、お店の写真を撮り忘れました....
久々にツーショットとろー!と思っていたのに、
忘れました...なんと....
また行くね〜

市内でお好み焼き食べて(ひとり!)、クラフト系のお店を回って
ちょうど百貨店催事に出展しているogaさんとakoさんに会いにいって
(詳しくはこちら


瀬戸大橋を渡って今度は実家のある高松へ...
なかなかの強行スケジュールでした。


ああ逆光。





posted by yuca | 20:30 | 日々 | comments(2) | trackbacks(0) |
コメント
 写真、懐かしすぎて思わずコメント。ご無沙汰してます。
そういえば、1度だけ家に遊びに行ったんだっけなあ。家の中の事はよく覚えていないんだけど…というよりも入った事は無かったかな…?
2階があったっけ?どうだろう。
 途中の踏切を渡る時、何か独特の作法(?)というか、呪われない為のおまじないをして、渡った気がするんだけど…気のせいか。
私の捏造された記憶やもしれぬ。気のせいだな、ソーリー。

 そんな訳で、踏切を渡る時、未だに霊的な何かにビクビクする私は今日も元気です。

2014/06/02 00:12 by hash
やあやあ!元気で何よりです。

可部懐かしかったわー!引っ越しの多い人生だけど、どこかに知ってる故郷があるっていいな。おばちゃんにも会ったよ〜。
踏切、線路の上は踏まない的なやつではなかった?集団登校というのがあってさ、毎朝ぎゃーぎゃー騒いでいたような。でも当時の細かいことはなぜかさっぱり覚えてないわー...
住んでた家の路地には住民が井戸端会議していたので近づくのやめた小心者です。

もうすぐ卒業だよね。また会いましょう。

yuca

2014/06/03 07:51 by yuca
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://blog.poetoria-yuca.com/trackback/144
トラックバック
Search this site